糖質制限ダイエットで失敗した話

Sponsor link

 

私がダイエットを始めたきっかけは

毎日体がだるくて、体調が悪い日々が続いていたからです。

病院では、メタボと診断されて、痩せた方が良いとよく言われていたこともあり、

ダイエットして、痩せて、体調を良くして、健康的に暮らしたいと考えたからです。

太っていると家族で出掛けた時も、息が上がり、私の為に休憩を何度も取り、迷惑をかけていました。

そういった日常の場面でも太っているということは、マイナスに働いてしまいました。

子供がまだ小さいので、

家族を守るべき立場として、ダイエットに成功して、痩せて健康的になりたいと考えました。

ダイエットを家族に宣言すると、家族全員がとても喜んでくれました。

家族も太っている私の体調を非常に心配していましたので、

私がダイエットを行うと言ったことが、とても嬉しかったようです。

家族は協力すると言ってくれたので、私もとても嬉しかったです。

家族の為にも、自分の為にも、絶対に痩せて、健康になることを家族に誓いました。

 

私が糖質制限ダイエットを選んだ理由は

テレビで糖質制限ダイエットの特集をやっていて、これならば私も出来ると思ったからです。

体を動かすことは好きではないので、ダイエットは食事で行おうと考えていたので、

私にはピッタリのダイエットだと思いました。

糖質制限ということは、炭水化物も食べることが出来ませんので、

その点は豆腐などのヘルシーなものに置き換えると良いとテレビでやっていたので、

私も豆腐をベースにダイエットを行っていきたいと考えました。

豆腐は栄養も多いので、健康面にも好影響を与えてくれると考えました。

私が糖質制限ダイエットを行った期間は、3週間です。

結果でいえば、3週間です失敗してしまいました。

私はいつもお昼は外食か、コンビニ弁当でしたが、糖質制限ダイエット期間は、

妻の作ったお弁当を持参して、飲み物もお茶や水を水筒へ入れて持ち歩いていました。

コーヒーもブラックコーヒーしか飲まず、糖質制限を徹底していました。

3週間でも、2キロは痩せることができましたが、2キロでは痩せたうちに入りませんので、

結果的に失敗してしまいました。

失敗の原因は

私の仕事は営業職であり、営業の仕事は夜の接待も含まれます。

ダイエット期間中に急に仕事が忙しくなり、接待する機会も多くなってしまいました。

Sponsor link

接待する時にはどうしてもお酒を飲まなければなりませんし、何も箸をつけないのは、

失礼なので、食べるしかありませんでした。

接待以外は、糖質制限を行っていたのですが、運が悪く、接待が毎日ように続けてしまったので、

痩せるはずもなく、3週間です痩せた体重もリバウンドしてしまって、

結局糖質制限ダイエットは失敗してしまいました。

ダイエットを始めた時は、あまり忙しくなかったので、続けられると思いましたが、

忙しくなってくると、接待などがあるために、糖質制限はどうしても難しくなってしまいます。

もっと自分の生活スタイルにあったダイエットを行えば良かったと後悔しました。

糖質制限ダイエットは、接待がある以上、私には向いていないと思い、今は違うダイエットを模索しています。

糖質制限自体は、最初はお米を食べられない苦しみがありましたが、

慣れてくれば続けることができましたので、続けることが大切だと学ぶことができました。

糖質制限ダイエットをする方へアドバイスするならば

継続することが何よりも大切です。

私は3週間で2キロは痩せることができました。

その後失敗してしまいましたが、私のように営業職で接待などが頻繁にない方は、続けることができるでしょう。

そして、家族にも協力してもらうことがとても重要だと思います。

私の場合は、昼に妻が糖質制限のお弁当を作ってくれたり、毎日の食事管理を行ってくれました。

自分一人で食事管理をすると、大変で続けにくいこともあると思うので、協力者の存在は、とても大きいです。

今は糖質制限のジュースなども売っていますので、飲み物の面に関しては、結構簡単に続けることができると思います。

しかし、毎日食べていた、お米や日本人が大好きなラーメンやうどんを食べることができないのは、

多少苦しみはありますが、継続することにより、慣れてきますので、続けてみれば意外に我慢できると気がつくはずです。

糖質制限ダイエットは効果が高いので、痩せることはできますが、

痩せた後のリバウンド対策も行うことも、非常に大切となっています。

糖質制限ダイエットに成功して、その後リバウンドして太ってしまうというパターンは多いと聞きますので、

リバウンドしないように、

痩せた後も炭水化物の量を制限するなどの対策は必要となります。

Sponsor link

コメントを残す