Sponsor link

男女問わずなってしまうと大きな悩みになるのがワキガです。

なんとかして治したいと思っていてもなかなか解消できず、

ニオイ対策をしていても十分にできないことが多いです。

そこでなぜワキガになるのか、

そしてどうすると改善ができるようになるのかをご紹介します。

 

ワキガはアポクリン腺と常在菌が原因

勘違いされがちなのですが、

ワキガのニオイは汗から発生しているわけではありません。

ワキガのニオイが発生しているのは常在菌で、

繁殖すればするほど強いニオイが発生します。

なぜ繁殖するのかですが、

それはエサとなる汗が多く出てしまっているからです。

汗のタイプには2つある

運動した時や暑い時などに出るエクリン腺と、

緊張したりストレスなどの精神的な刺激で出るアポクリン腺があります。

運動した時などに出る一般的なエクリン腺の汗は90%以上が水分となっていて、

この汗は常在菌のエサにはなりにくいです。

しかしアポクリン腺から出る汗は、

脂質やタンパク質などを多く含んでいて、

これらが常在菌のエサとなり繁殖をさせてしまいます。

アポクリン腺はその人によってどれぐらい活発に活動をしているのかが違い、

ワキガの人はアポクリン腺の汗が出やすい人となります。

 

ワキガを改善するためには  アポクリン汗腺 減らす

アポクリン腺から出る汗を抑えることが必要となります。

離出分泌腺(アポクリン腺)

外分泌腺のうち、皮脂腺の様に腺細胞自体が内部に分泌物を蓄えた後に全体が崩壊して外部に排出される様式

 

を全分泌腺(ホロクリン腺)、細胞体は壊れずに腺細胞の生成した分泌物のみ細胞から浸出する様式を漏出分泌腺(エクリン腺)と呼び、この両者の中間的な様式を離出分泌腺(アポクリン腺)と呼ぶ。すなわち、腺細胞が分泌物を生成し、内部に蓄えると、それを保持した細胞の一部が細胞の本体からちぎれて排出され、細胞本体は崩壊せずに繰り返し分泌物をつくりだす。漏出分泌腺と離出分泌腺は厳密には連続する側面があり、漏出分泌腺の腺細胞からも、微細な細胞断片が離出していることが確認されている場合がある。

代表的なものは乳腺で、乳汁はアポクリン腺様式の分泌によって生成する。

出典 ウィキペディア

どうすると改善可能なのか

ワキガ改善のためには、

汗を抑えることが必要としているのですが、

ただ簡単にできることではありません。

ワキガ改善の手術をしたとしても改善できない可能性もあり、

それほどコントロールすることが難しいです。

ただ、手術をしないと改善できないのかと言うとそうではなく、

医師の力を借りなかったとしても改善できる可能性があります。

ワキガ 対処は汗が常在菌のエサにならないように改善することから。

まず汗を抑えることは非常に難しいですが、

出ている汗が常在菌のエサにならないようにすれば改善の期待ができます。

アポクリン腺から出る汗もエクリン腺から出る汗も、

どのような食事をしているのかや生活のリズムがどうなっているのか

により含まれる成分が変わってきます。

偏った食事や不規則な生活で脂質やタンパク質などが多く含まれて脇のニオイが気になる

偏った食事をしたり、

不規則な生活をしているほど悪い汗がでるようになり、

脂質やタンパク質などが多く含まれてしまいます。

脇のニオイが気になるようになったのなら、

まずは食生活と生活習慣を改善するようにして様子を見ましょう。

そして常在菌の繁殖がどのくらい抑えることが

できるのかどうかでも変わってきます。

増えやすい環境下であったとしても定期的に除菌することにより

ニオイがキツくなるほどの繁殖を防ぐことができるようになります。

消臭スプレーを使用してニオイ対策するのも良いですが、

まずは除菌できる商品を使用して

ニオイのもとを断つようにしてから消臭をしましょう。

まとめ

ワキガは遺伝も関係しているから仕方ないと思われていますが、

しかし、

その人の生活状況によって突然なることもありますし、

どんなにひどい状態でも改善することもできます。

ニオイ発生が抑えるためにも、

生活習慣改善とこまめに除菌をして対策をしていきましょう。

Sponsor link
おすすめの記事